INSide Piece

素敵な作品を忘れないように綴るところ

ミュージカル『ジェイミー』【観劇メモ】

演目:ミュージカル『ジェイミー』
日時:2021年8月18日(水) 13:00~
場所:東京建物Brillia HALL

horipro-stage.jp


f:id:ahobs5:20210905102750j:image

f:id:ahobs5:20210905102812j:image

f:id:ahobs5:20210905102839j:image

f:id:ahobs5:20210905102857j:image

*概要(HPより引用)

2017年、イギリスのサウス・ヨークシャーにあるシェフィールド劇場にて開幕するやいなや異例の大ヒットを記録し、同年にはロンドン・ウエストエンドでの上演が決定。現在もロングラン上演を続け、2018年にはイギリス全土の映画館で上映、更には、映画化も発表されるほどの人気を博している。

イギリスのロックバンドであるザ・フィーリングのリードシンガー、ダン・ギレスピー・セルズによる音楽は劇場中を一つにするエネルギーを持ち、全く新しい音楽に乗せて繰り広げられるダンスシーン、誰もが持つ心の中の葛藤を描いたストーリーは見るもの一人ひとりに響くだろう。

自分が自分らしく生きるために。
根強い差別を抱えた現代社会への強烈なカウンターパンチ!
そして、親子の普遍的な愛を描いたミュージカル。

*あらすじ(HPより引用)

主人公は16歳の高校生ジェイミー・ニュー。彼には一つの夢があった。

それはドラァグクイーンになること。そして高校のプロムに本来の“自分らしい”服装で参加すること。母親から真っ赤なヒールをプレゼントされたことをきっかけに夢に向かって強く突き進む思いを抱いたジェイミーだが、学校や周囲の保護者たちは猛反対。ジェイミーの夢を理解できない父との確執や周囲からの差別など、多くの困難を乗り越えながら、自分らしさを貫くジェイミーの姿に勇気と感動、そして幸せをもらえる、最高にハッピーなミュージカル!

*ざっくり感想

  • 森崎ウィンさん、田村芽実さんを見たくて、2人が共演する日程でチケット確保。2人見れてよかった!
  • 学校で学生がわちゃわちゃしてたり、華やかなドラッグクイーンが登場したり、基本的には明るい感じだと予想していたけど、意外と父との確執や家庭内のすれ違い等も描かれていたのでちょっと気持ちが沈む場面も。
  • 個人的に好きな作品がたまたま「イギリスでのLGBTQを描いた作品」で(例:ビリー・エリオット、キンキー・ブーツ、ロケットマンボヘミアン・ラプソディ、など)、それらの作品のイメージに引っ張られていたからか、予想と若干違ったストーリーだった。
  • ドラッグクイーンのお姉さま方が個性的かつインパクトがあって印象に残っている。
  • ジェイミーにもきちんと意見を言えるプリティ、本当にいい友人だよなあ。あんな友人が欲しい…
  • リリアホールは初めてだったけど、なんか見づらいなあ~という印象だった。。